021/106
出展者名 独立行政法人科学技術振興機構
Japan Science and Technology Agency(JST)
代表者  
所在地  
TEL   FAX  
問合せ先   担当者名  
E-mailアドレス  
HPアドレス

http://www.jst.go.jpまたは

http://sti.jst.go.jp/または

http://pr.jst.go.jp

共同
出展者名
 
 

カテゴリ

1.公共図書館向け 2.機関・企業図書館向け 3.大学・短大・高専図書館向け
4.小・中・高学図書館向け 5.全般 6.IC関係
7.PFI 8.インターネット/Web 9.アウトソーシング
10.情報検索・管理システム 11.データベース 12.電子ジャーナル
13.書架 14.図書館備品・用品 15.装備
16.入・退館システム 17.書籍・出版 18.マクロフィルム化・デジタル化
19.修復・保存 20.建築・設計 21.その他

事業内容及び展示内容

(独)科学技術振興機構(JST)は、国の科学技術基本計画の中核的な実施機関として、研究開発の推進をはじめ、

科学技術情報の流通促進など幅広い事業を行って、科学技術の振興および基盤の整備を行っています。

今回の展示では、JSTが提供している科学技術情報サービス全般についてご紹介いたします。


ご紹介する情報サービスの例として、次のようなものがございます。


J-GLOBAL
●研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またJST内外の良質なコンテンツへ案内いたします。


JDream II
●収録件数5300万件超の日本最大の科学技術文献データベース。

国内外の論文、技術レポート、予稿集等から採録しており、医学・薬学を含む科学技術全般の文献に関して、信頼性の高い情報が得られます。
●外国語文献の日本語検索、リンクからの原文献入手(一部文献)、「JSTシソーラスブラウザ」等の便利な検索支援機能など多彩な機能を持つデータベースです。


J-STAGE
●日本の学協会が発行する学術雑誌を電子化してインターネットで公開しています。

現在、約650誌のジャーナルを公開しており、毎月約300万件のアクセスがあります。


なお、フォーラムでは「SISTセミナー:効率的な情報流通のための学術雑誌・論文の作成」を11月24日(水)15時30分から第3会場で開催します。

こちらもぜひご来場ください。

資料

JST文献情報提供サービスガイド (1.92MB)


AnVi seers (3.42MB)


技術情報解析サービスのご案内 (1.20MB)


科学技術総合リンクセンター J-GLOBAL (5.13MB)


科学技術総合リンクセンター J-GLOBAL 想定活用事例 (8.62MB)


J-STAGE(科学技術情報発信・流通総合システム) (473KB)


Journal@rchive (434KB)


日化辞Web (2.06MB)


JREC-IN(研究者人材データベース) (1.75MB)


Webラーニングプラザ (1.31MB)